四季折々の日本にピッタリなエアパス工法がベスト

太陽光を活用した家造り

一軒家

夏は涼しく冬は暖かい工法

ここ数年来、住宅建設の工法で多く導入されているのが高気密高断熱です。この工法は外壁に断熱材を使って太陽光を遮断し、室内の温度を上げないようにする仕組みです。寒い季節は屋内の暖気を外へ逃がさないようにできています。しかし外界と屋内を遮断する効果はありますが、結露が発生しやすく自然との調和が保てないという欠点があります。そこで新しく生み出されたのがエアパス工法です。まだ一部の建設会社にしか導入されていませんが、エアパス工法の基本は自然との調和です。エアパス工法は壁によって外気と遮断するのではなく、壁の中に空気の通り道を作ります。吸気口と換気口を利用して外気を上手に循環させることができます。それによって夏は涼しい自然の空気を室内に送り込むことができ、冬は暖かい空気を屋内全体に循環させることができます。エアパス工法では常に空気を取り込んでいるので、結露ができないというメリットがあります。エアパス工法の最大の特徴は冬場の温度設定にあります。昼間の太陽光エネルギーを屋内に溜め込んで、夜になるとその熱を放熱する仕組みになっています。そのため冬でも暖房器具を使わずに屋内を暖かく保つことができるのです。夏場の暑い空気は屋根裏の排気口から熱を排出するので、エアコンを使わずに涼しい空気を屋内に送ることができます。このように太陽光エネルギーを巧みにコントロールするのがエアパス工法です。暖房器具やエアコンなどの使用を抑えることができるので、光熱費のコストカットができます。