四季折々の日本にピッタリなエアパス工法がベスト

空気の流れで温度調節

つみきの家

熱を運び湿気を排出

温暖化が進んでいることから、住宅の多くが、断熱材を使って建てられるようになっています。熱を伝えにくい断熱材を多用した住宅では、屋外が暑くても涼しく過ごすことができるのです。ところが断熱材により気密性が高まることが多く、それにより屋内では湿度が上昇しがちになります。するとカビなどのトラブルが発生しやすくなるので、それを防ぐために昨今では、エアパス工法で建てた住宅を選ぶ人が増えています。エアパス工法とは、床下などの低い部分と、屋根裏などの高い部分に換気口を設置するという工法です。エアパス工法で建てた住宅では、冷たい空気と暖かい空気とが自動的に入れ替わります。具体的には、日光の影響を受けない床下から冷たい空気が入ってきて、その分暖かい空気が高所の換気口から抜けていくのです。湿気も一緒に抜けていくので、これにより屋内は、温度も湿度も低い状態になります。さらにエアパス工法には、屋内を暖かくするというメリットもあります。冬でも屋根裏では、日光の影響で空気が暖かくなるのですが、その空気が屋内を流れて、床下の換気口から抜けていきます。暖かい空気により室温は上昇しますし、さらに空気の流れによって床下から冷気が入ってくることがなくなるでしょう。このように、空気の流れを利用した温度調節ができることから、エアパス工法の住宅は注目されています。快適に過ごすことができる上に、冷暖房器具による光熱費がかかりにくくなるからです。