四季折々の日本にピッタリなエアパス工法がベスト

快適に過ごせます

グラフと模型

家づくりが大切です

注文住宅を購入するときに問題になるのが工法です。どのような家づくりをするかというのはとても大切なことです。近年はエアパス工法が非常に注目を集めています。このエアパス工法とは機械などを使わずに太陽や風などの自然のエネルギーを利用した家づくりのことをいいます。具体的には壁や屋根に断熱材を使って通気口を作ります。これはいわゆる空気の通り道です。そこに熱や冷たい風を循環させることで、冷房や暖房を使うことなく夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごすことができます。この夏と冬の切り替えは手動で容易にできます。このように自然エネルギーを利用して過ごしやすい室内環境を作るのがエアパス工法です。また、エアパス工法は資産価値を維持させることもできるというメリットがあります。それというのも、湿気や結露を普段から防ぐ構造になっているからです。水蒸気が最も多く発生するのは地盤面ですが、そこはコンクリートを使うことで全面的にシャットアウトしています。それから空気の通り道を作ることで湿気を抑えながら結露ができないようにしています。湿気と結露は建物の劣化を促進させますので、きちんと対策をしないと資産価値の低下につながります。エアパスはこのような点にも配慮しています。さらに、外壁以外にも室内の間仕切りにも通気口を設けることで、温度差が生じないようにしています。そうして押入れの中に入れている布団なども湿ることはありません。