四季折々の日本にピッタリなエアパス工法がベスト

太陽光を活用した家造り

従来の高断熱高気密の工法に変わって注目されているのがエアパス工法です。太陽エネルギーを最大限に活用したシステムで、エアコンや暖房機を使わずに快適な空間を保つことができます。壁の中に空気の通り道を作り、夏は余熱を換気口から排出します。冬は昼間の暖かい熱を溜め、夜はその熱で屋内を暖めることができます。

夏に涼しく冬は温かい家

模型

換気が重要

家の中の空気の流れですが、夏と冬とで異なります。エアパス工法は、この夏と冬で異なる空気の流れを利用して、家の中の温度を快適にすることを工夫した方法です。エアパス工法の仕組みですが、外壁と内壁の間に断熱材をはさみ、天井近くの「小屋換気口」と下部に「床下換気口」を設けています。2種類の換気口を設置するだけで、家の中の空気を効果的に循環することができるようになります。家の中の夏の空気の流れですが、太陽熱によって温められた空気は、上昇気流によって天井近くの小屋換気口と床下換気口から家の外へと排出されます。この仕組みのおかげで、家の中が涼しくなります。また、家の中の通気性が良くなることで、カビなどの発生を防ぐこともできるでしょう。さらに、冬の空気の流れですが、小屋換気口と床下換気口を閉じて、暖かい空気を家の中に閉じ込めます。エアパス工法の仕組みは意外と単純ですが、2種類の換気口を季節に合わせて開閉するだけで、効果的に家の中の温度を快適に保つことができます。エアパス工法を取り入れるメリットとして、エアコンなどを使用する際の光熱費が安くなることがあげられます。エアコンを使用した場合、家の中の空気で暖かいところと冷たいところができますが、エアパス工法の場合は空気を循環させることから、家の中の温度を一定に保つことができるでしょう。エアコンのように暑いときにすぐに涼しくするというようなことはできませんが、それもまた身体にとっては適度な温度差と言うことができます。

空気の流れで温度調節

床下や屋根裏に換気口を設置するというエアパス工法で建てた住宅では、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。なぜなら夏には床下から冷たい空気が、冬には屋根裏から暖かい空気が入ってくるからです。空気の流れに乗って湿気も排出されるので、屋内では湿度が低くなり、カビなどのトラブルも起こりにくくなるでしょう。

快適に過ごせます

エアパス工法とは自然エネルギーを利用した家づくりのことです。エアパス工法であればさまざまなメリットがあります。冷暖房に頼ることなく快適に1年を過ごすことができますし、湿気や結露といった建物の劣化を防ぐこともできます。